ネットビジネスは再現性が低いビジネス?

なかの
こんにちは!元スロプロ、現在は情報発信で稼いで生活している中野です。

先日、せどり(転売)のセミナーに
顔を出してきたのですが、
やっぱり他ジャンルを学ぶとまた違う発見がありますね^^

今回はネットビジネスとせどりを比較して、
感じたことを書いていきたいと思いますー。

ネットビジネスは再現性が低い?

先日、セミナーに行ってきました。

(セミナー自体は、せどりと情報発信のもので
もちろん怪しいものではなかったですよ)

初めてちゃんと
”せどり”のジャンルに触れて
勉強してきました。

ちなみにせどりは転売ビジネスのことです。

そこで主催者が話していたことが

「せどりはネットビジネスの
10倍のスピードで参入者が増えてる」

こんなことを言っていました。

ふーん、
なんてなんだろ。

こんな感じで講義を聞いて感じたんですけど、

スロットも同じなんですけど
せどりもそこそこ再現性が高いからかな・・と。

ほら、スロットの天井狙いの手法って
めちゃくちゃ再現性高いじゃないですか。

「〇〇の機種のボーダーは600Gから」

「やめどきは前兆見てやめ」

これらの情報って
スマホ片手に調べたら出てきますよね。

はっきり言って
めちゃくちゃ再現性が高く、
簡単に稼げるジャンルだと言い切ってもOK。

その証拠に
ハンパじゃないくらいの
新規参入者が流れてきましたよね。

せどりも似てるなって思ったんですよ。

「ドンキならドンキの立ち回り方。」

「コストコならコストコの立ち回り方。」

「単品で売り抜けない商品は、セット販売にして単価を上げる。」

こんな感じで
ある程度の攻略法が確立してるなーと。

もっとわかりやすく言うと

「ドンキなら人の目につかない
棚の上にある商品(店側が利益を取りづらい)を選んだり、
クーポン等を酷使すれば稼げます」

って具体的な手法が説明できる。

で、その手法を再現するのに
必要な能力って

「買う」「出品する」

これだけですよね。

(触れた程度なので、間違ってたらすみませんw)

ここに個人の能力って
さほど必要じゃないと思うんですよね。

だって覚えてしまえば
誰でもできますからね。

スロットに関してもそう。

勝つために必要な動作は

「スマホで調べる」「打つ」

これだけです。

そりゃ勝ち方さえ知ってれば、飽和しますよね。笑

それに比べて
ネットビジネスって

すげー稼ぎ方がふんわりしてるというか、
再現性の低い手法だなーって再認識しました。

たとえば、
僕が力を入れてやってきたブログ。

これって稼ぐまでの手法って無数にあるんですよ。

・アクセスを集めて、広告収入を得る。

・アフィリエイトで稼ぐ。

・自社商材を作って、販売する。

・特定の読者に絞ってコンサルをする。

・etc。

それこそ無数にあります。

この中の一つの

「アクセスを集めて、広告収入を得る。」

これに必要な能力は

・文章を書く力。

・魅力的なコンテンツを作る能力。

・ネットの知識(ある程度)

・集客できる能力などなど・・。

それこそスロットで
稼ぐために必要な動作

「スマホで調べる」「打つ」

に比べたら、
ある程度再現するまでに
ハードルが高いのは感じますよね。

それにすげーイメージがしにくい。

この記事を書けば
最終的にどれだけ集客できて、
どれだけ利益になるのか・・。

このイメージがしにくいんです。

つまり、モチベーションの維持が難しいことに繋がります。

(人は”適切な目標”と”方法論”がわかってないと
行動できないと心理的に証明されてます)

せどりの手法も
商品の数だけ手法があると思うので、
無数にはあるんですが、

この適切な目標って
ある程度立てれますよね。

「このワンピースの最新刊を100円で仕入れれば、
Amazonで360円で売れる。Amazonに手数料で100円取られても
360(利益)−100(仕入れ金)ー100(手数料)=160円の儲けか・・。」

「それなら、100冊仕入れれば16000円儲かるな、よし!」

みたいな。笑

もちろん例は適当です。
ワンピースが100円で売られてたら、僕でも飛びつきますw

このようにせどりは
ある程度の目標と方法論が立てれちゃう。

だから、行動できるんですよね。

社会的な信用もあるみたいなので
「スロ→せどり」の流れはもはや鉄板。

せどりは資金勝負な面もあるので、
スロで稼いできた人と相性がいいんでしょう。

 

再現性が高いからと言って、飛びつくのはダメなのか?

もちろん再現性の高い
手法を実践するのは大事です。

自信に繋がったり、

「自分で稼ぐことができた!」

こう思えて、
次に繋がる成功体験もできる。

これは魅力的だなーとは思いますが、
それだけで飛びつくのはどうかと思うんですよね。

「再現性が高い=
市場が飽和しやすい」

このことに繋がってきます。

それに再現性が高いと
表面的なノウハウに振り回される可能性が
高いんじゃないかな・・と。

それはスロットの天井狙いで
僕自身いやってほど感じました。笑

表面的なノウハウだけを
身につけて稼ぎ続けてると
どっかでガタがくるんですよ。本当に。

「いつか稼げなくなるんじゃないか・・」

こんな不安がずっと付きまとってくる。

それだと稼いでても
あまり楽しくないというか、
充実感を得れないというか・・。

さっきも説明したとおり、
ネットビジネスって手法がふわふわしてるんですよ。

ふわふわしてる上に
必要な能力って結構多い。

情報化社会とか
数年前から言われてますけど、
そのわりにはこの業界で稼いでる人って
たぶん周りでもいないんじゃないですかね?

せどりとかスロットは
僕の周りだとわりと聞きます。

それにネットってまだまだ
イメージが悪いですからね。

「イメージが悪い+手法がふわふわしてる」

新規参入者が少ないのは、
再現性の他にイメージも大きい気がします。

それなのに
在庫を抱えることがない。

情報なので原価は0。

レバレッジがかかりやすいので
自分なりの手法を確立できれば、
爆発的に稼ぎ額を伸ばすことができる。

再現性は他と比べれば、
確かに低いですし即金性も低い。

けれども明らかに
その先にあるものが大きい気がします。

せどり、スロットと比べると
なんなら金銭的なリスクって0に近いですし。

何が言いたいかというと、

これから稼げるジャンルでしかないから
興味のある人はやった方がいいですよ。って話です。笑

情報発信、最強です。

追伸、

再現性が高いということは
組織化しやすいことに繋がってきます。

せどりやスロットを
組織化してやってる人って結構いますよね。

社会的な地位とかが
早めに欲しい人はそっちを狙ってから
情報発信に移ってきてもいいかも。

って、スロは社会的地位には繋がらんかw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です