まずはファーストキャッシュを手に入れて、稼げるということを知る。

こんにちは!元スロプロ、現在は情報発信で稼いで生活している中野です。

僕はWEBコンサルタントみたいなことをしてて、コンサル生を今までに何人か育ててきたのですが、最初に絶対にやってもらうことがあります。

それはお小遣いサイトでお金を稼いでもらうこと。

 

お小遣いサイトって、

「アンケートに答えた方に〇〇円プレゼント!」

「1クリック1円の簡単なお仕事です♪」

みたいな怪しいイメージがあるかもですが、それは一部にすぎなくて、実際はそのサイトから商品を購入したり、サービスを利用したりすることで、お金がもらえるという非常に優れたサイトになってます。
(ん、どっちにしろ怪しいなw)

 

クレジットカードなどをそのサイトを通して作ることで、平気で1万円とかもらえたりするので、ちょっと本気で作業したら10万円とか稼げたりします。

僕がオススメしてるサイトは、下記のハピタスというサイトなのですが、

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

詳しい手順はこちらのマニュアルで解説してるので、

「うおー!まじかよ!!すぐにやってみて、稼いでみよ!!」

って思える人はすぐにやってもらえばいいのですが、なんでそんなお金がもらえる仕組みが実現するのかってのが気になるとこだと思うので、仕組みを説明していきますー。

 

とりあえず、マニュアルはこちら。
↓↓↓
お小遣いサイト、手順解説マニュアル

お小遣いサイトで稼げる仕組み

今から仕組みを解説していくのですが、前提として企業はサービス、もしくは自社商品の利用者を増やしたいってのがあります。
(売上をあげるために、顧客を増やさないといけないので)

お小遣いサイトで稼ぐには、クレジットカードを作成して稼ぐ案件が手っ取り早く稼げるものだったりするので、クレカの会社の仕組みと一緒に説明していきますね。

 

クレジットカード会社が儲かる仕組み

クレジットカード業界は、手数料ビジネスだと言われていて、手数料ビジネスってのは何かというと、顧客にサービスを提供する対価として、手数料を受け取るビジネスのことです。

 

で、これを踏まえて、クレジットカード会社がどう儲かるかって話なんですが、

分かりやすく説明するために、お客、お店、カード会社のイラスト付きで説明しますね。

まずお客の立場からするとカードを使うメリットとして、お得なポイントが貰えたり、支払い管理が楽になるってのがあります。

お客
そんなに大金を持ち歩けないし、ポイントも付くからクレジットカードって本当に便利だわ〜。月末にまとめて請求くるから家計簿の計算もしやすいわ

 

そして次にお店。

じゃあお店は、クレジットカードを使われることで、どんなメリットがあるかというと、手元にあるお金を出すというハードルがなくなるので、お店の売上が増えたり、「えーい、自分へのご褒美だ、買っちゃえ!」という風に、気が大きくなって、高額な商品が売れやすくなります(おそらく、身に覚えがある人は多いはずw)

お店
カード払いができるようになってから、明らかに売上が上がった!高い商品もカードが免罪符になって買ってく人も増えたなー

 

最後にカード会社のメリットはというと、カード会社ってのは、僕ら(お客)がカードをレジに出しただけで商品が買えるということは、カード会社が代わりに立て替えてくれているからということですよね。

で、その際にカード会社はボランティアじゃないので、何ももらわずにお金を立て替えるわけにもいきません。

なので、カード会社はどうやって儲かってるのかっていうと、

カード会社
あなたのお店だけ儲かってズルい!うちのカードを使ってもらうことで売上は伸びてるんだから、その売上の一部をくれ!!

って形で手数料をカードが使える加盟店から、もらって利益を出してるというわけです。

 

まさにお客は支払うのが楽だしポイントが付くし、お店は売上が伸びるし、カード会社は利益が増えるし・・でwinーwinーwinの関係ができてるわけです。

じゃあ、カード会社がどんどん売上を伸ばすためにはどうしたら?

ここから本題なのですが、カード会社が売上を伸ばすためにはどうしたらいいかっていうと、単純に使ってくれるお客の数を増やせばいいわけですよね。

お客の数が増えれば、お店の売上も上がって、その売上げ額に応じて手数料が貰えて、カード会社は儲かるので。

ってことは、広告費をなんでも使ってでも、カード会社はお客を増やしたいんです。

ほら、よくテレビとかでもこういう楽天カードの銀色のおっさんが出てきたりするじゃないですか。

この画像に書いてあるとおり、テレビやYouTube上の広告費に加えて、僕らにキャッシュバック8000円とかを支払っても、企業にとっては長い目でみたら利益が上乗せされていくというわけです。
(長期的にこの戦略が組まれてるってことは、それだけ企業にとって費用対効果もいいってことですから)

でも、テレビCMとかってイメージでも分かるとおり、15秒のCMを流してもうらうのに何百万、何千万とかそういう世界じゃないですか。

普通に考えてめっちゃ高いですよね。

だからカード会社も、テレビなどより広告費が安く済むように、このお小遣いサイトを経由して紹介してもらうってことです。

ここでもwinーwinーwinの関係ができる

要するにお小遣いサイトってのは、広告代理店みたいなものです。

企業からは、

カード会社
うちのカードを紹介して成約したら、あなたのサイトに10000円あげるねー。
ハピタス
分かりました!1成約10000円だから・・、8000円で紹介したらうちは利益が取れそうだな。
ハピタス
○天カードを作るなら、今だけ8000円キャッシュバックですよ。どうですかー。
お客
おっ、ちょうどカード欲しかったしこの機会に作ってみるわ。→カード+8000円ゲット!

企業はお客を一人獲得したことにより、長期的な広告費10000円より多くの利益を確保し、お小遣いサイト(広告代理店)は10000ー8000円で2000円の利益。

お客は欲しかったカードも手に入り、8000円のお小遣いをゲット。

・・と、まあここでもwinーwinーwinの関係ができるということです。

 

誰も損してないし、うまく回ってますよね。

ここまで説明すれば、お小遣いサイトは全く怪しいサイトでも何でもなくて、ただの広告代理店だということが分かりますよね。

基本的な仕組みは全部一緒

お小遣いサイトの中には化粧品や食料のが50%OFFとかで、通常の市場価格より格安で売られてたりします。

これも理由はカード会社と一緒で、最初に広告費をかけてでもリピーターを増やすことで、その化粧品会社は長い目でみたら儲かるし、僕らもお得な買い物ができるというわけです。

 

ここまで仕組みを知ったら、使わないともったいないことが分かりますよね。

 

デパ地下の試食とかもそうですよね。

売ってる商品をわざわざ開封して、試食として多くの味を知ってもらうことで、購入者を増やして利益を上乗せしていきます。

それが食べたからには買わないといけない・・っていう人間の心理をうまく利用してるお店側の戦略なんですが、僕は別に自分が買わなくても、他の人が買うことを知ってるから、試食をしても平気で他の店に行ったりします(セコい)

 

どうせ同じものを買ったり、カードを作る予定があるなら、安く買ったり、キャッシュバックを多くもらったほうがいいですよね。

どっちにしろ欲しいものを買うのであって、気に入らなければリピートしないってのは、正規の値段で買おうが、こういった裏道で安く買おうが一緒なんで。

まずは登録して、どんな商品・サービスがあるかを見る

仕組みはわかったと思うので、気になった人は登録してとりあえず見てみるのがいいのかなって思います。

保険の見積もりで5000〜10000円もらえたり、普段使ってるネット通販のサイトの購入額3%還元などはよくやってるので、

”ハピタス→サイト経由→購入”という手順を踏むだけで、毎月そこそこのお金は浮くのかな、と^^

オススメなんで、まずは登録して見てみることをオススメしますー。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
↓↓↓
お小遣いサイト、手順解説マニュアル

 

ここで獲得したお小遣いは投資するのがオススメ

次のページでは、こういった単発のお小遣い稼ぎのものではなく、長期的に稼げる収入源を紹介していくのですが、やはり自分で稼ぐということをやってく以上、多少の維持費・初期費用はかかってきてしまいます。

なので、このハピタスというお小遣い稼ぎサイトで得たお金は、次の収入源を作るために投資するのをオススメしてます。

 

サクッと稼いだお金なんでそこまで抵抗もないでしょうしね。

ネットで得た知識で賢く稼いだお金で、次の収入源を作るためにそこにまた投資する。

何だか、すごい賢い流れに見えますよね。

実際、僕はめっちゃ賢い流れだなって思います(笑)

 

もしよければその選択肢も考えつつ、やってみてくださいー。

もちろん、ここで企業側の戦略を知って賢く稼いだって成功体験もすごく大事なんで、趣味に使ってもいいんですけどね。

まあ、最初はどういう案件があるのか登録してみてみるだけってのもハードルが低くていいかも。

これで実際に稼げた!って方は、一言言ってもらえるとここまで詳しく書いたかいがあるので、連絡くれると嬉しいです^^

じゃあ、次はどんな収入源がオススメなのかを説明していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です